市場ニュース

戻る

【材料】<動意株・26日>(前引け)=ブイキューブ、アクセル、PALTEK

ブイキューブ <日足> 「株探」多機能チャートより
 ブイキューブ<3681>=大幅高で4連騰。Web会議やテレワークなど遠隔地の人と人をつなぐコミュニケーションサービスを主力展開、新型コロナウイルスの感染拡大を背景に移動制限の動きが強まるなかで、ビジネスチャンスが広がるとの思惑が投資資金の攻勢につながっている。東京都が新型コロナ感染者の急増を受けて、外出の自粛を要請したことが、逆に同社の株価を刺激する格好となっている。

 アクセル<6730>=大幅高で4日続伸。25日の取引終了後、20年3月期の連結業績予想について、売上高を80億円から92億円へ、営業利益を1億7000万円から3億6000万円へ、純利益を1億7000万円から4億円へ上方修正した。パチンコ・パチスロ機向けメモリモジュール製品が、採用顧客の旺盛な需要に支えられて計画を大幅に上回る見通しとなったことが要因としている。なお、20年3月期から連結決算に移行したため前期との比較はない。
 
 PALTEK<7587>=急速人気。独立系の半導体商社で、次世代通信規格「5G」の普及局面に伴う半導体需要創出への期待が高まっている。特に同社は5Gで必須となる通信機器向けFPGAを取り扱っていることで注目度が高い。25日取引終了後、5Gソリューション構築を支援するFPGAコンピューティングプラットフォーム「M-CUBE」の受注を開始することを発表、これを材料視する買いを呼び込んでいる。

 ※未確認情報が含まれる場合があります。株式の売買は自己責任に基づいて、ご自身でご判断ください。

出所:MINKABU PRESS

日経平均