市場ニュース

戻る

【市況】概況からBRICsを知ろう インドSENSEX指数は続伸、。海外市場の上昇

上海総合 <日足> 「株探」多機能チャートより

【ブラジル】ボベスパ指数 74955.57 +7.50%
25日のブラジル市場は大幅続伸。主要指標のボベスパ指数は前日比5226.27ポイント高(+7.50%)の74955.57で取引を終えた。69359.6から76713.9まで上昇した。

小幅安で寄り付いた後は上げ幅をじりじりと拡大させた。最近の下落で割安感が強まり、自律反発狙いの買いが継続。また、海外市場の上昇なども買い安心感を与えた。このほか、新型コロナウイルスの感染中心地となった中国の武漢市の封鎖解除が4月8日に実施されるとの発表を受け、中国の景気回復期待が高まった。

【ロシア】MICEX指数 2452.69 +1.52%
25日のロシア株式市場は続伸。主要指標のMOEX指数は前日比36.72ポイント高(+1.52%)の2452.69で取引を終了した。2372.34から2518.38まで上昇した。

高く寄り付いた後は上げ幅を縮小させ、引けまで前日の終値近辺でもみ合った。海外市場の上昇が好感され、ロシア株にも買いが継続した。また、原油価格が堅調な値動きを示したことも資源セクターのサポート材料。国内では、政府が雇用安定に向けた対策を講じているとの報道が好感された。一方、指数が後半に上げ幅を縮小させた。世界景気の先行き不安などが引き続き足かせとなった。

【インド】SENSEX指数 28535.78 +6.98%
25日のインドSENSEX指数は続伸。前日比1861.75ポイント高(+6.98%)の28535.78、ナショナル証券取引所の主要50社株価指数ニフティは同516.80ポイント高(+6.62%)の8317.85で取引を終えた。

前日の終値近辺でもみ合った後は上げ幅をじりじりと拡大させた。海外市場の上昇を受け、インド株にも買いが広がった。また、米国が計画している大型景気対策は近く共和・民主党の間で合意されるとの観測を受け、世界景気の一段悪化懸念が緩和された。このほか、新型コロナウイルスの感染中心地となった中国の武漢市の封鎖解除が4月8日に実施されるとの発表を受け、中国の景気回復期待が高まった。

【中国本土】上海総合指数 2781.59 +2.17%
25日の上海総合指数は値上がり。主要指標の上海総合指数は、前日比59.15ポイント高(+2.17%)の2781.59ポイントと続伸した。

経済活動正常化の動きが引き続き追い風。新型コロナウイルスを巡っては、中国国家衛生健康委員会が25日、「国内の新規感染はゼロに抑えられた」と発表した。感染ゼロは先週後半から続いている。新型コロナ感染拡大の中心地となった湖北省武漢市については、4月8日に封鎖措置を解除する予定だ。湖北省では武漢市を除き、全エリアが25日付で移動規制が解除されている。それ以外の地域では、すでに移動制限の緩和や工場などの操業再開が相次ぐ状況だ。

《CS》

 提供:フィスコ

日経平均