市場ニュース

戻る

【材料】TOPIX浮動株比率・調整係数見直し予想 長谷川香料に好影響も

TOPIX <日足> 「株探」多機能チャートより
 SMBC日興証券は4日、7~9月期本決算企業のTOPIX浮動株比率(FFW)と調整係数の見直し予想を発表した。新たなFFWは4月7日に公表される予定で、同月28日の引けでリバランスに伴う売買インパクトが見込まれている。

 同証券では、FFW・調整係数の見直しに伴い時価総額が500億円以上で推定インパクトが3日以上見込まれる銘柄として、買い側では長谷川香料<4958>、JMホールディングス<3539>、OBARA GROUP<6877>、ベネフィット・ワン<2412>、売り側では加藤産業<9869>、ナガイレーベン<7447>を挙げている。

出所:MINKABU PRESS

日経平均