市場ニュース

戻る

【通貨】明日の為替相場見通し=米長期金利動向などに注目

米ドル/円 <日足> Slowストキャス 「株探」多機能チャートより
 今晩から明日にかけての外国為替市場のドル円相場は、NYダウや米長期金利動向などが注目されそうだ。予想レンジは1ドル=110円20~111円00銭。

 この日の東京市場は、日経平均株価が大幅安となるなか欧州時間にかけ110円半ばへとドル安・円高が進んだ。前日のNYダウが急落したことから、今晩の米株式市場の動向が注視されている。時間外取引のNYダウは上昇しており米国株の反発が期待されるものの、米国10年物国債は過去最低水準に近づいており、一段の金利低下があった場合、日米金利差縮小からドル安・円高要因となることも予想されている。今晩は米2月消費者信頼感指数の発表が予定されており、その結果も注目されている。




出所:MINKABU PRESS

日経平均