市場ニュース

戻る

【特集】すご腕投資家さんに聞く「銘柄選び」の技 内田衛さんの場合-第2回


株主優待狙いでも、11倍の値上がり益を楽しめる方法

登場する銘柄
ビックカメラ <3048>、吉野家ホールディングス<9861>、日本BS放送 <9414>、アトム <7412>、カッパ・クリエイト <7421>、シダックス <4837>、フレンドリー <8209>


文/真弓重孝(株探編集部)、イラスト・福島由恵

内田さん内田衛さん(50代・男性)のプロフィール:
投資家だった親戚のおじさんに影響され、高校生のうちから投資をスタート。以降、投資歴は約35年、「逆張り&集中投資」をモットーとするすご腕投資家だ。父親とカードローンから借りた800万円を元手にバブル経済の株価上昇に乗るも、ほどなくしてバブル崩壊の波に飲み込まれ、投資資金もまるまる泡と化す。その後は約9年間、借金返済生活に追われるが、1999年の金融危機のさなかに手掛けた信託銀行3行への投資で一発逆転。それまでの借金をチャラにするほど資金は拡大する。

2001年には約12年務めた会社を退職し、専業投資家に転身。その数年後に億り人を達成するもリーマン・ショックで資金を4分の1程度まで溶かすという大痛手を食らう。それでもめげずに投資を続行し、自身の培った逆張り投資の経験を生かし、1億円のマイルストーンに再到達する。現在はさらに3億円超まで資産の拡大を遂げている。ちょっと波乱万丈系のツワモノだ。

 シダックスの株主優待は100株で、自社製品2000円相当などを受け取れる。内田さんは自社製品のワインがおいしいと言う。同社は静岡県の伊豆市に自社ワイナリーをオープンさせており、そこで作られた製品という。
...
───────── プレミアム会員【専用】コンテンツです ─────────
本コンテンツをご覧になりたい方は、「株探プレミアム」にお申し込みください。
※プレミアム会員の方は、“ログイン”してご利用ください。

日経平均