市場ニュース

戻る

【市況】19日の米国市場ダイジェスト:NYダウ115ドル高、ハイテク株に買い戻し

NYダウ <日足> 「株探」多機能チャートより

■NY株式:NYダウ115ドル高、ハイテク株に買い戻し

米国株式相場は上昇。ダウ平均は115.84ドル高の29348.03、ナスダックは84.44ポイント高の9817.18で取引を終了した。中国政府による景気支援策が好感され、買いが先行。昨日に下落が目立ったハイテク株を中心に買い戻しが広がり、終日堅調推移となった。FOMC議事録では、多くの連銀高官が現行の金融政策が適切と考えており、金利を維持する方針で一致したことが示された。S&P500とナスダックは過去最高値を更新。セクター別では、半導体・半導体製造装置やエネルギーが上昇する一方、不動産や公益事業が下落した。

電気自動車のテスラ(TSLA)は、一部アナリストが差し迫った株価下落のきっかけ(カタリスト)は見られないとの見解を示し上昇。GPS電子機器のガーミン(GRMN)は、決算内容が予想を上振れ堅調推移。米長期金利の上昇で、シティ・グループ(C)、バンクオブアメリカ(BAC)、JPモルガン(JPM)など金融各社が軒並み買われた。一方で、クーポン共同購入サイトのグルーポン(GRPN)は、決算内容が嫌気され40%超の急落となった。

ミネアポリス連銀総裁は、米国がアジア景気減速の影響を免れる可能性は低く、次回の金利決定では利下げが有力になるとの見解を示した。

Horiko Capital Management LLC


■NY為替:予想を上回る米経済指標や中国金融緩和への思惑で円売り強まる

19日のニューヨーク外為市場でドル・円は110円47銭から111円59銭まで上昇して111円36銭で引けた。米国の1月生産者物価指数や1月住宅着工件数が予想を上回ったため米債利回り上昇に伴うドル買いが加速。また、中国での新型肺炎の感染拡大ペースが若干鈍化、景気支援するための中国中銀の利下げ期待にリスク選好の円売り、日本の景気後退入りを織り込む円売りなどが優勢となった。

ユーロ・ドルは、1.0782ドルまで下落後、1.0809ドルまで反発して1.0808ドルで引けた。ユーロ・円は119円28銭から120円50銭まで上昇。ポンド・ドルは1.2992ドルから1.2908ドルまで下落した。ドル・スイスは0.9829フランから0.9845フランまで上昇した。


■NY原油:大幅高で53.29ドル、欧米株高を意識した買いが入る


NY原油先物3月限は大幅高(NYMEX原油3月限終値:53.29 ↑1.24)。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物3月限は、前営業日比+1.24ドルの1バレル=53.29ドルで通常取引を終えた。時間外取引を含めた取引レンジは、51.93ドル-53.49ドル。通常取引開始前の時間外取引で51.93ドルまで下げたが、その後反転。通常取引終了後の時間外取引で53.49ドルまで一段高となった。欧米株高を意識した買いが入ったようだ。


■主要米国企業の終値

銘柄名⇒終値⇒前日比(騰落率)

バンクオブアメリカ(BAC) 34.72ドル +0.45ドル(+1.31%)
モルガン・スタンレー(MS) 56.31ドル +0.79ドル(+1.42%)
ゴールドマン・サックス(GS)237.33ドル +4.12ドル(+1.77%)
インテル(INTC) 67.11ドル +0.97ドル(+1.47%)
アップル(AAPL) 323.62ドル +4.62ドル(+1.45%)
アルファベット(GOOG) 1526.69ドル +7.02ドル(+0.46%)
フェイスブック(FB) 217.49ドル -0.31ドル(-0.14%)
キャタピラー(CAT) 136.86ドル +0.28ドル(+0.21%)
アルコア(AA) 16.70ドル +0.72ドル(+4.51%)
ウォルマート(WMT) 117.68ドル -1.95ドル(-1.63%)
スプリント(S) 9.49ドル +0.32ドル(+3.49%)

《SF》

 提供:フィスコ

日経平均