市場ニュース

戻る

【通貨】英ポンド週間見通し:下げ渋りか、景気刺激策への期待残る


■上昇、景気刺激策への期待高まる

先週のポンド・円は上昇。欧州連合(EU)と英国の貿易協定の早期成立への期待は後退したが、英国政府による景気刺激策への期待が浮上したことや、ポンド買い・ユーロ売りの取引が拡大したことから、ポンドの対円レートは一時143円台半ば近辺まで買われる場面があった。取引レンジ:141円24銭-143円48銭。

■下げ渋りか、景気刺激策への期待残る

今週のポンド・円は下げ渋りか。英国と欧州連合(EU)の通商協議の先行きは不透明だが、財政出動による景気刺激策への期待は残されている。英国金利の先安観は多少後退していることもポンド相場に対する支援材料となりそうだ。

○発表予定の英主要経済指標・注目イベント
・18日:1月失業率(12月:3.5%前年比+1.1%)
・19日:1月消費者物価コア指数(12月:前年比+1.4%)
・20日:1月小売売上高(12月:前月比-0.6%)

予想レンジ:142円00銭-145円00銭

《FA》

 提供:フィスコ

日経平均