市場ニュース

戻る

【市況】<週末コメント> ─ 来週の相場展望 ─ 2020年2月14日

 今週の日経平均終値は23687円59銭、前週末比140円39銭安でした。

 今週も材料は新型肺炎一色で、国内でも感染拡大が新しいステージに入ってしまったことで調整の週となってしまいました。週足チャートでは6週移動平均線(2万3739円)、13週移動平均線(2万3656円)辺りに上値を遮られており短期トレンドの回復は難しい状況。足元では10-12月決算が下振れしており、より上値の重さが意識されてしまいます。頼みの1-3月以降の業績回復も新型肺炎の想定外の拡散でむしろ足を引っ張る要因になりかねません。しばらくは2万4000円以上を語れる要素はなく、調整を念頭に置いて相場に臨むことになるでしょう。来週はミニ武漢と化したクルーズ船からの下船も大きなポイントです。対応を間違えると大きな問題となるため注視が必要です。引き続き日経平均の調整レンジはやや広めの2万3000~3800円台とみて2月相場は対応したいと思います。(ストック・データバンク 編集部)

日経平均