市場ニュース

戻る

【材料】◎14日前場の主要ヘッドライン

・オプトランが急反発、20年12月期2ケタ営業増益予想を好感
・イグニスはS高、マッチング事業好調で第1四半期は営業黒字に浮上
・ナガオカは急伸、大口受注獲得と第3四半期営業利益3.0倍を好感
・日産自が一時9%超安と急落、20年3月期業績の下方修正と大幅減配を嫌気
・スクリーン、アドバンテなど底堅い、半導体製造装置市場の回復期待が追い風
・サニックス急反発、SE事業など堅調で20年3月期業績予想を上方修正
・トリドール大幅反発、第3四半期営業利益は26%増で株式分割も発表
・エアウォータは5日ぶり反発、第3四半期営業益23%増で通期計画進捗率81%
・BMLが4日ぶり反発、新型コロナウイルス検査を受託
・川本産業、中京医薬、重松製など投機筋が再攻勢、新型肺炎絡みのマネーゲーム続く
・スペースマがカイ気配で水準切り上げる、今12月期営業益5.3倍見通しを好感

※ヘッドラインは記事配信時点のものです

出所:MINKABU PRESS

日経平均