市場ニュース

戻る

【注目】明日注目すべき【好決算】銘柄 大幸薬品、JIA、イーレックス (10日大引け後 発表分)

大幸薬品 <日足> 「株探」多機能チャートより

 10日大引け後に決算を発表した銘柄のなかから、業績好調や配当増額など市場で評価される可能性の高い銘柄を取り上げた。

 大幸薬品 <4574>   ★今期経常を41%上方修正・配当も10円増額、株式分割も発表
 ◆20年3月期第3四半期累計(4-12月)の連結経常利益は前年同期比69.8%増の30.6億円に拡大して着地。感染管理事業が収益を牽引した。マーケティングの強化やインフルエンザ流行などを背景に、「クレベリン」の置き型や新商品であるスプレータイプの販売が大きく伸びた。
  併せて、通期の同利益を従来予想の19.5億円→27.5億円に41.0%上方修正。増益率が3.4%増→45.9%増に拡大する見通しとなった。業績好調に伴い、今期の年間配当を従来計画の30円→40円(前期は35円)に大幅増額修正した。
  同時に、3月末現在の株主を対象に、1→3の株式分割を実施すると発表。株式流動性の向上や投資家層の拡大が期待される。

 MDV <3902>   ★今期経常は12%増で2期連続最高益、初配当実施へ
 ◆19年12月期の連結経常利益は前の期比2.3倍の8億円に急拡大して着地。続く20年12月期も前期比11.9%増の9億円に伸び、2期連続で過去最高益を更新する見通しとなった。今期はデータ利活用サービスの好調が継続するほか、子会社の業績貢献も寄与し、19.2%の大幅増収を見込む。
  併せて、今期の年間配当は初配当となる3円にする方針とした。同時に、発行済み株式数の1.50%のあたる60万株(金額で6億円)を上限に自社株買いを実施すると発表。一方、株主優待制度を廃止することを明らかにした。

 兼松エンジ <6402> [東証2]  ★今期経常を一転10%増益・最高益に上方修正、配当も5円増額
 ◆20年3月期の経常利益(非連結)を従来予想の8.8億円→9.8億円に11.4%上方修正。従来の1.1%減益予想から一転して10.1%増益を見込み、9期連続で過去最高益を更新する見通しとなった。短納期である先行製作車などの販売が伸び、売上高が計画を上回ることが利益を押し上げる。
  業績好調に伴い、期末一括配当を従来計画の37円→42円(前期は37円)に増額修正した。

 JIA <7172> [東証M]  ★今期経常は39%増で2期ぶり最高益、10円増配へ
 ◆19年12月期の連結経常利益は前の期比0.7%減の71.8億円になったものの、続く20年12月期は前期比38.9%増の99.8億円に拡大し、2期ぶりに過去最高益を更新する見通しとなった。今期は前期から持ち越した航空機リースの大型案件などが寄与し、34.4%の大幅増収を見込む。
  併せて、今期の年間配当は前期比10円増の32円に増配する方針とした。

 小田原機器 <7314> [JQ]  ★前期経常を31%上方修正、配当も4円増額
 ◆19年12月期の連結経常利益を従来予想の2億円→2.6億円に30.8%上方修正。首都圏を中心に受注した運賃収受システムの更新案件の納入が順調に進むなか、原価低減の徹底で採算が改善したことが利益を押し上げた。
  業績好調に伴い、期末一括配当を従来計画の15円→19円(前の期は15円)に増額修正した。

 興研 <7963> [JQ]  ★前期経常を一転26%増益に上方修正
 ◆19年12月期の連結経常利益を従来予想の4億円→5.2億円に32.0%上方修正。従来の4.8%減益予想から一転して25.7%増益見通しとなった。原価低減や販管費の抑制が進み、採算が大きく改善した。

 イーレックス <9517>   ★4-12月期(3Q累計)経常が2.7倍増益で着地
 ◆20年3月期第3四半期累計(4-12月)の連結経常利益は前年同期比2.7倍の67.9億円に急拡大して着地。電力小売事業で低圧分野、高圧分野ともに販売電力量が増加し、37.6%の大幅増収を達成したことが寄与。電源調達で安価な市場取引の比率を高めたことも大幅増益につながった。
  通期計画の71.8億円に対する進捗率は94.6%に達しており、業績上振れが期待される。

 セレスポ <9625> [JQ]  ★今期経常を82%上方修正・最高益予想を上乗せ、配当も17円増額
 ◆20年3月期の経常利益(非連結)を従来予想の6.1億円→11.1億円に82.0%上方修正。増益率が25.8%増→2.3倍に拡大し、従来の2期ぶりの過去最高益予想をさらに上乗せした。国際的スポーツ大会などの受注で単価が大きく上昇し、売上高が計画を28.8%も上回ることが利益を押し上げる。
  業績好調に伴い、期末一括配当を従来計画の43円→60円(前期は42円)に大幅増額修正した。一方、株主優待制度を廃止することを明らかにした。

 ウィザス <9696> [JQ]  ★今期経常を一転11%増益に上方修正
 ◆20年3月期第3四半期累計(4-12月)の連結経常利益は前年同期比33.4%増の9.6億円に拡大して着地。通信制高校の生徒数が増加したうえ、ICTを活用した高付加価値サービスの導入で単価も上昇した。前期に実施した統廃合効果で学習塾事業の採算が改善したことも大幅増益につながった。
  併せて、通期の同利益を従来予想の12億円→13.7億円に14.2%上方修正。従来の2.8%減益予想から一転して10.9%増益見通しとなった。

 日邦産業 <9913> [JQ]  ★4-12月期(3Q累計)経常は2倍増益・通期計画を超過、2期ぶり復配へ
 ◆20年3月期第3四半期累計(4-12月)の連結経常利益は前年同期比2.0倍の8億6700万円に急拡大して着地。巻線関連部品の受注が堅調に推移するなか、減価償却負担の負担軽減や生産性向上が寄与し、モビリティ部門の採算が大きく改善した。
  通期計画の8億5000万円をすでに上回っており、業績上振れが期待される。併せて、従来未定としていた期末一括配当を10円実施し、2期ぶりに復配する方針とした。

株探ニュース

日経平均