市場ニュース

戻る

【市況】後場の日経平均は205円安でスタート、全業種がマイナスで推移/後場の寄り付き概況

日経平均 <1分足> 「株探」多機能チャートより

日経平均 : 23137.52 (-205.99)
TOPIX  : 1688.02 (-14.55)

[後場寄り付き概況]

 後場の日経平均は前日比205.99円安の23137.52円と前場からやや下げ幅を縮小して取引を開始した。午前の日経平均は大幅に続落。円相場は1ドル109円00銭付近で推移。ランチタイム中の225先物は23090円-23120円のレンジで推移した。引き続き新型コロナウイルスに伴う世界経済減速の懸念が重しになっているが、この先の新型肺炎の行末やこれから始まる主要企業の決算などを見極めたいといった思惑から、下値を拡げるような展開にはなっていない。23100円台ので非常に狭いレンジでの推移となっている。

 業種別では、鉄鋼、鉱業、石油・石炭製品、非鉄金属、機械、海運業などを筆頭に全業種がマイナスで推移している。売買代金上位では、SUMCO<3436>、日本電産<6594>、本田技研工業<7267>、コマツ<6301>などがマイナスで推移。一方、資生堂<4911>、ネットワンシステムズ<7518>、任天堂<7974>などがプラスで推移している。
《HH》

 提供:フィスコ

日経平均