市場ニュース

戻る

【注目】本日注目すべき【好決算】銘柄 イワブチ、東京製鉄、サンウッド (21日大引け後 発表分)

イワブチ <日足> 「株探」多機能チャートより

 21日大引け後に決算を発表した銘柄のなかから、業績好調や配当増額など市場で評価される可能性の高い銘柄を取り上げた。

 イワブチ <5983> [JQ]  ★今期経常を一転2.1倍増益に上方修正
 ◆20年3月期の連結経常利益を従来予想の2.6億円→5.9億円に2.2倍上方修正。従来の4.6%減益予想から一転して2.1倍増益見通しとなった。業務改善・プロセス改革活動の推進で、原価率が改善するとともに販管費も低減し、採算が大きく改善する。

 サンウッド <8903> [JQ]  ★今期経常を88%上方修正
 ◆20年3月期の経常利益(非連結)を従来予想の3億円→5.8億円に87.7%上方修正。増益率が34.9%増→2.5倍に拡大する見通しとなった。新規事業である一棟収益物件の商業ビル「WHARFシリーズ」の販売好調が上振れの要因。業績予想達成のメドが付いたことを踏まえ、一部プロジェクトの販売を来期にずらすことで売上高は計画未達となる。

 東京製鉄 <5423>   ★今期経常を一転1%増益に上方修正、配当も1円増額
 ◆20年3月期第3四半期累計(4-12月)の経常利益(非連結)は前年同期比24.9%増の148億円に伸びて着地。主原料である鉄スクラップの購入単価が一時3年ぶりの安値水準まで下落し、採算が大きく改善したことが寄与。生産歩留まりの向上やエネルギー使用原単位の低減などコスト削減を進めたことも増益に貢献した。
  併せて、通期の同利益を従来予想の140億円→175億円に25.0%上方修正。従来の19.1%減益予想から一転して1.1%増益見通しとなった。
  業績好調に伴い、今期の年間配当を従来計画の14円→15円(前期は13円)に増額修正した。

株探ニュース

日経平均