市場ニュース

戻る

【市況】日経平均寄与度ランキング(前引け)~日経平均は反発、ファーストリテとダイキンの2銘柄で約43円押し上げ

日経平均 <1分足> 「株探」多機能チャートより

16日前引け時点の日経平均構成銘柄の騰落数は、値上がり87銘柄、値下がり132銘柄、変わらず6銘柄となった。

日経平均は反発。34.32円高の23950.90円(出来高概算4億9964万株)で前場の取引を終えた。前日の米国市場では、10-12月期決算を前に上値こそ重かったものの、米中貿易交渉での第一段階目の合意署名を無難に通過したことで、主要3指数は揃って上昇。シカゴ日経225先物清算値は大阪比25円高の23935円になるなか、ドル円相場も前日から円安基調を維持しており、本日の日経平均には買いが先行した。その後は利益確定の動きから一時マイナスに転じたものの、軟調なスタートとなったアジア株式市場が底堅さをみせたことで、日経平均は前引けにかけて再びプラス圏を確保。ただ、新規の材料難から、節目の24000円を前に上値は重かった。

値上がり寄与トップはファーストリテ<9983>、同2位はダイキン<6367>となり、2銘柄で日経平均を約43円押し上げたほか、第一三共<4568>、リクルートホールディングス<6098>、中外製薬<4519>、塩野義<4507>、NTTデータ<9613>などがそれに続いた。なお、構成銘柄の値上がり率トップは第一三共となり、上昇率は4%となった。外部環境としても手がかり材料に乏しいなか、物色は内需系銘柄へ向かいやすい地合いとなっているもよう。一方、値下がり寄与上位銘柄は、ソフトバンクG<9984>、ファミマ<8028>、資生堂<4911>、KDDI<9433>、TDK<6762>、安川電機<6506>などが並んだ。


*11:30現在

日経平均株価  23950.90(+34.32)

値上がり銘柄数  87(寄与度+125.13)
値下がり銘柄数 132(寄与度-90.81)
変わらず銘柄数  6

○値上がり上位銘柄
コード 銘柄 直近価格 前日比 寄与度
<9983> ファーストリテ 65220 900 +32.42
<6367> ダイキン 15590 305 +10.99
<4568> 第一三共 7380 288 +10.37
<6098> リクルートHD 4270 72 +7.78
<4519> 中外薬 10585 185 +6.66
<4507> 塩野義 7029 141 +5.08
<9613> NTTデータ 1565 25 +4.50
<4543> テルモ 3964 30 +4.32
<6758> ソニー 7970 90 +3.24
<7269> スズキ 4803 89 +3.21
<7270> SUBARU 2743 73 +2.63
<9766> コナミHD 4545 70 +2.52
<4704> トレンド 5790 60 +2.16
<2413> エムスリー 3315 25 +2.16
<4503> アステラス薬 1907.5 10.5 +1.89
<2282> 日本ハム 4890 90 +1.62
<6952> カシオ 2297 44 +1.59
<4578> 大塚HD 4973 38 +1.37
<4502> 武田 4434 35 +1.26
<4324> 電通G 3800 30 +1.08

○値下がり上位銘柄
コード 銘柄 直近価格 前日比 寄与度
<9984> ソフトバンクG 4920 -59 -12.75
<8028> ファミマ 2668 -43 -6.20
<4911> 資生堂 7838 -145 -5.22
<9433> KDDI 3248 -22 -4.76
<6762> TDK 12230 -130 -4.68
<6506> 安川電 4225 -120 -4.32
<6971> 京セラ 7662 -51 -3.67
<7832> バンナムHD 6447 -98 -3.53
<4452> 花王 9126 -98 -3.53
<6305> 日立建 3230 -90 -3.24
<4901> 富士フイルム 5705 -89 -3.21
<6857> アドバンテ 6170 -40 -2.88
<6988> 日東電 6040 -70 -2.52
<6976> 太陽誘電 3580 -65 -2.34
<6954> ファナック 20685 -40 -1.44
<7267> ホンダ 3024 -19 -1.37
<4063> 信越化 12350 -30 -1.08
<6479> ミネベアミツミ 2353 -28 -1.01
<8801> 三井不 2730.5 -28 -1.01
<9009> 京成 4330 -50 -0.90

《CN》

 提供:フィスコ

日経平均