市場ニュース

戻る

【市況】注目銘柄ダイジェスト(前場):アゼアス、TOW、旅工房など

ベイカレント <日足> 「株探」多機能チャートより

ベイカレント<6532>:7370円(+560円)
急伸。一昨日に発表している業績上方修正が引き続き買い材料視されている。営業利益は従来の51億円から70億円に上方修正、前期比55.9%の大幅増益となる見通しだ。いちよし証券ではレーティング「A」継続で、フェアバリューを6600円から7300円に引き上げ、ビジネスのデジタル化といった大きな流れを受け、業績は今後も良好に推移するとの見方を強めている。来期以降も2ケタの利益成長継続を予想しているようだ。


アシックス<7936>:1739円(+78円)
大幅続伸。英国の複数のメディアにおいて、米ナイキの「厚底シューズ」が世界陸連の新規則によって禁止されることになると報じられている。底の厚さに制限を加える規則が設けられ、現在人気を集めているモデルはトップレベルでは使用が禁じられるとされている。正月の箱根駅伝では、ナイキの「厚底シューズ」が競技者シェアを席巻し、同社はシェア低下などが懸念される状況となっていた。


アゼアス<3161>:892円(+150円)
ストップ高。厚生労働省では、中国の武漢市で発生した新型コロナウイルスによる肺炎の国内初患者を確認したと明らかにしている。患者は武漢市への渡航歴があるもよう。これを受けて、防護服を手掛ける同社など、ウイルス対策関連銘柄に思惑買いの動きが集まる展開になっている。ダイワボウホールディングス<3107>やシキボウ<3109>などマスク関連のほか、日本エアーテック<6291>、川本産業<3604>、日本アビオニクス<6946>なども買われている。


ニューフレア<6256>:11850円(-220円)
大幅に反落。ニューフレアテクノロジー株に対して東芝<6502>傘下の東芝デバイス&ストレージが実施しているTOB(株式公開買い付け)に、東芝機械<6104>が応募すると発表している。HOYA<7741>もTOBを実施しているが、下限を所有割合66.67%と定めている。52.40%を保有する東芝デバイス&ストレージが応募しないことから、HOYAのTOBが成立する見込みがなくなったと判断したとしている。


ニッケ<3201>:1052円(-76円)
大幅反落。前日に19年11月期の決算を発表している。営業利益は105億円で前期比25.1%増益、第3四半期決算時に上方修正した水準95億円を上回る着地に。ただ、20年11月期は87億円で同16.9%減益を計画、一転しての2ケタ減益見通しをネガティブ視する動きが優勢に。期末配当金を12円から14円に引き上げているほか、発行済み株式数の1.38%に当たる100万株を上限とした自社株買いの実施も発表しているが下支えにつながらず。


TOW<4767>:1107円(+139円)
急騰。前日に上半期業績予想の上方修正を発表している。営業利益は従来予想の13.6億円から15.0億円、前年同期比23.4%増に増額、12月実施の複数の大型案件の規模拡大によって、売上及び利益が予想を上回って増加したもよう。12月13日に従来の12.1億円から上方修正したばかりでもあり、想定以上のモメンタムの強さにインパクトが先行しているようだ。


旅工房<6548>:2357円(+243円)
大幅に3日続伸。19年11月の旅行取扱額について、前年同月比18.6%増の約26.6億円(10月は19.0%増の約27.4億円)になったと発表している。内訳は、海外旅行取扱額が19.4%増(同18.5%増)、国内旅行取扱額が36.0%増(同7.3%減)が伸長する一方、外国人旅行取扱額が4.8%減(同122.4%増)となった。取扱額の好調に加え、株価が19年12月27日に付けた直近高値(2185円)を上回ったことも買いを後押ししているようだ。


シリコンスタ<3907>:1916円(-54円)
大幅に5日続伸。20年11月期の営業損益予想を前期比252.5%増の1.60億円の黒字と発表している。開発推進・支援事業で収益性の改善に努めるほか、人材事業でクリエイティブ人材の獲得ニーズが続く見込み。同時に発表した19年11月期の営業損益は0.45億円の黒字(前期実績7.71億円の赤字)で着地した。人材事業が堅調に推移し、黒字転換に貢献した。4期ぶりの営業黒字となり、「継続企業の前提に関する注記」の記載を解消した。
《ST》

 提供:フィスコ

日経平均