市場ニュース

戻る

【材料】昭和電工が続落、国内大手証券は投資評価「2」へ引き下げ

昭電工 【日足】
多機能チャートへ
昭電工 【日中足】
 昭和電工<4004>が続落。SMBC日興証券は15日、同社株の投資評価を「1」から「2」へ引き下げた。目標株価は4680円から2970円に見直した。黒鉛電極の稼働率とマージン前提を引き下げたことで19年12月期の連結営業利益を従来予想の1400億円から1310億円(会社予想1450億円)に下方修正した。また、昭和電工は昨年12月に日立化成に対するTOBを実施し完全子会社とすることを発表しているが、1株4630円としたTOB価格は割高とみており、財務体質が大幅に悪化することを懸念している。

出所:MINKABU PRESS

日経平均