市場ニュース

戻る

【通貨】VALU、VA売買サービスを終了【フィスコ・ビットコインニュース】


暗号資産(仮想通貨)を利用した事業及びサービスの企画・制作などを手がけるVALUは15日、同社が運営するSNSサービス「VALU」が3月2日13時にVAの売買を終了すると発表した。3月31日13時を期限に、顧客から預かっている仮想通貨の返却手続きを進めるという。

「VALU」とは個人が自身の発行したトークン(VA)を株式のようにビットコインを利用して取引できるサービスで、2017年5月にβ版がリリースされた。SNSのフォロワー数・友達数に応じて算出された自身の時価総額を元にトークンを発行し、シェアや取引ができる仕組みとなっている。トークンを発行した個人は、自身がやりたいことに継続的な支援を募ることができる。

同社は2019年5月31日に可決された改正資金決済法に含まれる「暗号資産カストディ業務に対する規制」に対応すべく、関係各所と検討を進めてきたが、力が及ばず、VALUにおける仮想通貨カストディに関わる業務を断念することになったとしている。

発表に際し、同社は『暗号資産カストディ業務はVALUサービスの根幹をなす部分であり、当該業務の断念により抜本的な事業転換が必要』と指摘し、『2020年4月1日以降、新しいVALUにアップデートできるよう準備していく』と伝えている。

《HH》

 提供:フィスコ

日経平均