市場ニュース

戻る

【特集】泉州電業 Research Memo(2):独立系では最大手の総合電線商社。オリジナル商品で差別化を図る(1)

泉州電 <日足> 「株探」多機能チャートより

■会社概要

1. 会社概要
泉州電業<9824>は電線の総合専門商社で、独立系では最大手である。その歴史は古く、設立は1947年に遡る。仕入先は約250社となっており、大手は言うに及ばず、国内の電線メーカーの半分以上と取引がある。在庫商品アイテム数は約5万点と、国内における商品の調達力は抜きん出ている。

2. 沿革
同社の歴史は古く、1947年に西村電気商会として設立された後、全国及びアジア諸国へと、業容を拡大してきた。2019年10月末時点のグループ全体での従業員数691名、国内連結子会社6社、海外連結子会社5社(タイ1社※1、中国1社、台湾1社、フィリピン1社、ベトナム1社※2)、国内支店8ヶ所、営業所8ヶ所を擁する。

※1 タイの子会社1社は12月に清算済み。
※2 2019年10月に設立。


株式については、1991年6月に大阪証券取引所市場第2部へ上場した。その後2002年11月に東京証券取引所市場第2部へ上場し、さらに2017年11月には同市場第1部へ指定替えとなった。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 寺島 昇)

《ST》

 提供:フィスコ

日経平均