市場ニュース

戻る

【経済】アドバンスト・マイクロ・デバイセズを対象とするコールが大幅上昇(13日10:00時点のeワラント取引動向)

WSCOPE <日足> 「株探」多機能チャートより

新規買いは原資産の株価上昇が目立つダブル・スコープ<6619>コール51回 2月 1,300円を順張り、ダブル・スコープコール53回 1月 850円を順張り、ファーストリテイリング<9983>プット218回 1月 60,000円を逆張りで買う動きや、原資産の株価下落が目立つセリア<2782>コール20回 2月 3,100円を逆張りで買う動きなどが見られる。

手仕舞い売りとしては日経平均コール1417回 1月 23,500円、ファーストリテイリングコール269回 2月 76,000円、日経平均コール1422回 2月 23,500円、信越化学工業<4063>コール142回 3月 13,500円、日経平均 マイナス3倍トラッカー34回 2月 23,000円などが見られる。

上昇率上位はアドバンスト・マイクロ・デバイセズコール27回 1月 46米ドル(前日比2.2倍)、韓国200種株価指数コール263回 1月 290ウォン(+92.9%)、日経平均コール1415回 12月 23,500円(+87.5%)、ニアピン米ドルr2 1243回 1月 112円(+84.7%)、ユーロリンク債コール575回 1月 127円(+81.8%)などとなっている。

(eワラント証券投資情報室)

《HH》

 提供:フィスコ

日経平均