市場ニュース

戻る

【通貨】明日の為替相場見通し=米ISM非製造業景況感指数など注目

米ドル/円 <日足> Slowストキャス 「株探」多機能チャートより
 今晩から明日にかけての外国為替市場のドル円相場は、米経済指標が注目されそうだ。予想レンジは1ドル=108円00~109円00銭。

 この日は、米中貿易協議への不透明感が強まり、ドルは108円40銭台まで下落した。今月15日に予定されている米国の対中国「第4次関税引き上げ」を前に依然、神経質な展開が続きそうだ。今晩は6日の雇用統計の前哨戦となる米11月ADP雇用統計の発表がある。また、米11月ISM非製造業景況感指数も公表される。特に、ISM非製造業景況感指数は高い関心を集めることが予想される。




出所:MINKABU PRESS

日経平均