市場ニュース

戻る

【材料】トプコンが大幅反落、国内有力証券が目標株価を1480円へ引き下げ

トプコン <日足> 「株探」多機能チャートより
 トプコン<7732>が大幅反落している。三菱UFJモルガン・スタンレー証券が2日付で、投資判断「ニュートラル」を継続しつつ、目標株価を1600円から1480円へ引き下げたことが弱材料視されているようだ。

 同証券では、上期業績などを受けて20年3月期の営業利益予想を139億円から120億円へ、21年3月期を同152億円から136億円へ下方修正した。21年3月期の営業利益は19年3月期の136億円とほぼ同水準であり、建機や農機の自動化需要の拡大、高齢化による眼科疾病の増加など構造的に成長する市場を主な事業分野とする同社に対する株式市場の成長期待が強いだけに、利益成長の踊り場局面との認識が株式市場で広がることは株価にネガティブとしている。

出所:MINKABU PRESS

日経平均