市場ニュース

戻る

【注目】前週末8日に「売られた株!」総ザライ ―本日への影響は?―

メルカリ <日足> 「株探」多機能チャートより

■メルカリ <4385>  2,057円 (-478円、-18.9%) 一時ストップ安

 メルカリ <4385> [東証M]が続急落、一時ストップ安となった。同社は11月7日大引け後に決算を発表。20年6月期第1四半期(7-9月)の連結経常損益は70.2億円の赤字(前年同期は25.1億円の赤字)に赤字幅が拡大した。

■山田コンサル <4792>  1,824円 (-216円、-10.6%)

 東証1部の下落率トップ。山田コンサルティンググループ <4792> が続急落。7日の取引終了後、20年3月期の連結業績予想について、売上高を154億円から143億円(前期比6.7%増)へ、営業利益を30億円から25億円(同8.3%増)へ、純利益を20億円から16億7000万円(同4.4%増))へ下方修正したことが嫌気された。経営コンサルティング事業で各案件の引き合いから受注までの期間や受注から納品までの期間が長期化していることに加えて、M&Aなど資本に関するコンサルティング業務の強化のために行った組織変更・人事異動などの効果発現に時間を要したことなどで、上期におけるM&Aに関する提案・受注活動が十分でなかったことが要因としている。なお、第2四半期累計(4-9月)決算は、売上高63億100万円(前年同期比8.3%増)、営業利益9億1600万円(同2.0倍)、純利益5億8200万円(同98.9%増)だった。

■プレミアムW <2588>  1,815円 (-212円、-10.5%)

 プレミアムウォーターホールディングス <2588> [東証2]が急反落。同社は11月7日大引け後に決算(国際会計基準=IFRS)を発表。20年3月期第2四半期累計(4-9月)の連結税引き前利益は前年同期比12.6%増の5.8億円に伸びたが、目先材料出尽くし感から売られたようだ。。

■フジシール <7864>  2,474円 (-254円、-9.3%)

 東証1部の下落率5位。フジシールインターナショナル <7864> が続急落。同社は11月7日大引け後に決算を発表。20年3月期第2四半期累計(4-9月)の連結経常利益は前年同期比0.3%減の76.9億円となった。併せて、通期の同利益を従来予想の155億円→135億円(前期は125億円)に12.9%下方修正し、増益率が23.6%増→7.6%増に縮小する見通しとなった。

■フェローテク <6890>  976円 (-100円、-9.3%)

 フェローテックホールディングス <6890> [JQ]が続急落。同社は7日取引終了後に、20年3月期通期の連結業績予想を修正。営業利益見通しは従来の88億円から65億円(前期比26.0%減)に引き下げた。売上高予想も920億円から850億円(同5.0%減)に下方修正。デバイスメーカー各社の設備稼働率が低水準で推移するとみられることが影響するとしている。

※8日の下落率が大きかった銘柄を株価変動要因となった材料とともに抜粋。

株探ニュース

日経平均