市場ニュース

戻る

【材料】図研が大幅反発、国内大手証券が新規「バイ」でカバレッジを開始

図研 <日足> 「株探」多機能チャートより
 図研<6947>が大幅高で3日ぶりに反発し、年初来高値を更新している。三菱UFJモルガン・スタンレー証券が24日付で、投資判断「バイ」、目標株価2710円で新規にカバレッジを開始したことが好材料視されているようだ。

 同証券では、自動車関連業界のCASE対応など製造業の電装化進展によりPCB、WH(ワイヤーハーネス)設計用CADソフトの需要が拡大傾向にある点を評価。加えて、大手ユーザーを中心にPCB設計用CADソフトでよりハイエンドなCR-8000への移行が起こっていることや、WH設計用CADソフトの新製品の貢献などで過去最高益更新が継続すると見込んでいる。

出所:MINKABU PRESS

日経平均