市場ニュース

戻る

【材料】東海カーボ---続落、黒鉛電極の需要回復遅れを想定で米系証券が格下げ

東海カ <日足> 「株探」多機能チャートより

東海カーボ<5301>は続落。ゴールドマン・サックス証券では投資判断を「買い」から「中立」に格下げ、目標株価も1250円から1100円に引き下げている。2019年下期に入って黒鉛電極セクターを取り巻く事業環境は厳しさを増しており、需要の弱さが顕著となっていることから、2020年下期と予想していた黒鉛電極の本格回復は2021年にずれ込む可能性としている。20年12月期営業利益は、市場コンセンサス680億円に対して540億円を予想。
《HH》

 提供:フィスコ

日経平均