市場ニュース

戻る

【市況】伊藤智洋が読むマーケット・シナリオ【週間展望】 10月20日版(3)

(3)予測のための材料の優先順位
 人が作る値動きであれば、人の思惑が値動きに反映されます。値動きが、事情通による先行的な仕掛けによって誘導されているのだとすれば、価格の変化は材料に優先する情報を持っていることになります。
 このような考え方をする場合、次のような推測が成り立ちます。
 年末へ向けた年間の最高値の更新は、翌年へ向けて積極的な買いが入りやすい状況があるからこそ表れる動きだと考えられます。
 翌年へ向けて弱い材料しかない状況にもかかわらず、年末へ向けて年間の最高値を更新するなら、翌年へ向けた積極的な財政政策、金融政策が実行されるか、その他に株価を押し上げる材料が待ち受けていると見ておくことができます。
...
───────── プレミアム会員【専用】コンテンツです ─────────
本コンテンツをご覧になりたい方は、「株探プレミアム」にお申し込みください。
※プレミアム会員の方は、“ログイン”してご利用ください。

日経平均