市場ニュース

戻る

【通貨】明日の為替相場見通し=米大統領の弾劾懸念の行方を注視

米ドル/円 <日足> Slowストキャス 「株探」多機能チャートより
 今晩から明日にかけての外国為替市場のドル円相場は、トランプ米大統領の弾劾懸念を注視する展開となりそうだ。予想レンジは1ドル=106円90~107円80銭。

 前日の米国市場で、ウクライナ疑惑を巡るトランプ米大統領に対する弾劾懸念などを背景にNYダウが下落。これとともに、ドルは一時107円割れに売られた。この日の東京市場はドル107円30銭前後と依然上値の重い展開となっている。今晩の米国市場ではトランプ大統領の会見も予定されており、その内容が注目されている。日米首脳会談も開催されるが、市場の関心は限定的な様子だ。




出所:みんなの株式(minkabu PRESS)

日経平均