市場ニュース

戻る

【特集】GMOペパボ Research Memo(4):個人向けを中心としたリーズナブルな価格でのサービス提供力が強み

GMOペパボ <日足> 「株探」多機能チャートより

■事業概要

2. 強みと競合
GMOペパボ<3633>の強みは、これまでインターネットに関連した30以上のサービスを独自に開発・運用し、そのノウハウを蓄積していることにある。また、サービスのネーミング、Webサイトやアプリなどのデザインにおけるオリジナリティも同社の大きな特徴となっており、創業来の強みの1つであると考えられる。

同社が提供するサービスの参入障壁は比較的低いため、サービスを開始した当時に比べると競合企業も増加している。主な競合企業について見ると、ホスティング事業(レンタルサーバー)ではさくらインターネット<3778>が挙げられ、個人用レンタルサーバー市場では2社で約5割のシェアを握っている。参入企業は多いものの、業界最低水準の料金でサービスを提供しているため、同社のシェアは安定して推移していると見られる。

また、EC支援事業のうち「カラーミーショップ」のようなECサイト構築システムは、Eストアー<4304>を始め多数の企業が参入しており顧客獲得競争が激しい市場となっている。ハンドメイド事業に関しては、(株)クリーマ(作品数で業界第2位の「Creema」を運営)が競合として挙げられるが、登録作品数は約180万点と「minne」の2割弱にとどまっており、現時点ではほぼ独壇場の地位を固めていると言える。

3. 事業リスク
事業リスクとしては、同社サービスが個人向け中心で数多くのデータを扱っている性格上、個人情報の流出など情報漏えいが発生する可能性がゼロではないことが挙げられる。実際、2018年1月に「カラーミーショップ」のサービスにおいて外部からの不正アクセスにより、顧客(ショップオーナー)のクレジットカード情報が一部流出する事案が発生した。同社では直ちに対処を行い、再発防止委員会を設置。事実関係の調査、原因の調査、再発防止策の提言をまとめ、2018年3月上旬に調査報告書を公表している。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 佐藤 譲)

《ST》

 提供:フィスコ

日経平均