市場ニュース

戻る

【市況】スピード調整か、それでも下値は限定的/日経225・本日の想定レンジ

日経平均 <日足> 「株探」多機能チャートより

[本日の想定レンジ]週明け23日は米NYダウが14.92ドル高の26949.99、ナスダック総合指数が5.21pt安の8112.46、シカゴ日経225先物が大阪日中比125円安の21785円。本日の日経平均は小幅に下落が予想される。先週末20日はザラ場で19日の高値に届かず、ローソク足が3日連続の陰線で終了。ボリンジャーバンドで終値が3日連続で+2σを下回ったほか、RSI(14日ベース)が92.32%、東証1部の騰落レシオはが136.34%といずれも過熱ゾーンにあり、短期的なスピード調整が起きやすい地合いを示唆している。ただ、日足の一目均衡表では基準線および転換線がともに株価の雲上限を上回っており、遅行線も強気シグナル発生を継続していることから買い余力は大きいとみられ、下値は限定的だろう。

[予想レンジ]上限22100円-下限21950円
《FA》

 提供:フィスコ

日経平均