市場ニュース

戻る

【市況】NY債券:軟調、10月に開催予定の米中貿易協議に期待感


13日の米国長期債相場は軟調。米国のトランプ政権が対中関税の税率引き上げを従来の10月1日から15日に先送りしたほか、中国が米農産品を購入する意向であることが明らかになり双方の歩み寄りで、10月に開催が予定されている貿易協議で前進が見られるとの期待が広がった。米中貿易摩擦の改善期待にリスク選好の動きが鮮明になっている。

2年債利回りは1.80%(前日比:+8bp)、10年債利回りは1.90%(同比:+13bp)、30年債利回りは2.37%(同比:+11bp)で取引を終えた。

《TN》

 提供:フィスコ

日経平均