市場ニュース

戻る

【材料】ブラスが反発、ハワイウェディング事業に参入

ブラス <日足> 「株探」多機能チャートより
 ブラス<2424>が反発している。12日の取引終了後、米国ハワイ州ホノルルに現地法人を設立し、ハワイウェディング事業に参入すると発表しており、これが好材料視されている。

 同社は東海地方を中心にゲストハウスでのウェディング事業を展開しているが、今回のハワイウェディング事業参入は新たな売り上げ創出を図るのが狙い。なお、ハワイ現地法人は非連結子会社で、20年7月期業績への影響は軽微としている。

 また、同時に発表した20年7月期単独業績予想で、売上高118億9000万円(前期比14.4%増)、営業利益7億1100万円(同27.3%増)、純利益4億4000万円(同19.3%増)と増収増益を見込むことも好材料視されている。

 前期に出店したブルーグレース大阪(大阪市北区)及びアーブルオランジュ(浜松市中区)が通年稼働することに加えて、20年3月に千葉県船橋市にアコールハーブ(22号店)と京都市にアトールテラス鴨川(23号店)を出店することが寄与する見通し。

 なお、19年7月期決算は、売上高103億9000万円(前の期比7.0%増)、営業利益5億5800万円(同19.2%減)、純利益3億6900万円(同62.9%増)だった。

出所:みんなの株式(minkabu PRESS)

日経平均