市場ニュース

戻る

【通貨】東京為替:ドル・円は106円10銭台で推移、株価反転の可能性残る

米ドル/円 <5分足> 「株探」多機能チャートより

16日午前の東京市場でドル・円は106円10銭台で推移。日経平均株価は48円安で推移しており、株価反転の可能性があることから、ドルは下げ渋っている。ただし、106円台半ば近辺には米長期金利の続落を意識したドル売り興味が残されており、目先的にドル・円は106円台前半で推移する可能性が高いとみられている。ここまでのドル・円は106円03銭から106円18銭で推移。
・ユーロ・ドルは、1.1100ドルから1.1113ドル、ユーロ・円は117円71銭から117円98銭で推移している。

■今後のポイント
・米国は中国を為替操作国に認定
・9月1日に対中関税の一部発動へ
・米9月追加利下げ観測

・NY原油先物(時間外取引):高値54.88ドル 安値54.69ドル 直近値54.80ドル

《MK》

 提供:フィスコ

日経平均