市場ニュース

戻る

【市況】マザーズ指数は大幅反落も、好業績銘柄への物色活発で下げ渋り、GNIが急騰/マザーズ市況

マザーズ指数 <日足> 「株探」多機能チャートより

 15日のマザーズ指数は大幅反落となった。前日の米国株式市場では、米国債イールドカーブ(長短金利差)が逆転したことで世界経済減速への警戒感が高まったことにより、NYダウは800ドル安と今年最大の下げを記録。これにより、個人投資家心理も悪化した流れからマザーズ市場にも大きく売りが先行。その後は、為替市場において円高進行が一服したことを背景に日経平均も下げ渋るなか、好業績のマザーズ銘柄に対する物色の動きが次第に活発化した。これにより、マザーズ指数は引けにかけて下げ幅を縮小する展開となった。なお、売買代金は概算で996.15億円。騰落数は、値上がり61銘柄、値下がり225銘柄、変わらず8銘柄となった。
 値下がり上位銘柄では、前日の大引け後の決算が嫌気されたFRONTEO<2158>やメドピア<6095>、オークファン<3674>が2ケタの下落率と大幅安になった。売買代金上位では、そーせい<4565>が5%安になったほか、バンクオブイノベ<4393>、UUUM<3990>、ミクシィ<2121>、エクストリーム<6033>、オンコリス<4588>、ロゼッタ<6182>が軟調であった。一方で、前日に決算発表のあったところとして、上期営業利益における対通期進捗率が90%に達したGNI<2160>が12%高、第1四半期決算にて税引前損益が黒字転換したサイバーダイン<7779>が4%超の上昇となったことからマザーズ指数を下支えしたほか、Kudan<4425>、インパクトホールディングス<6067>、ラクス<3923>なども堅調であった。
《SK》

 提供:フィスコ

日経平均