市場ニュース

戻る

【市況】10時の日経平均は387円安の2万267円、ファストリが47.64円押し下げ

日経平均 <5分足> 「株探」多機能チャートより
 15日10時現在の日経平均株価は前日比387.22円(-1.87%)安の2万267.91円で推移。東証1部の値上がり銘柄数は93、値下がりは2025、変わらずは29と、値下がり銘柄の割合が90%超に達する全面安商状となっている。

 日経平均構成銘柄の値上がりは6銘柄にとどまり、218銘柄が下落。マイナス寄与度トップはファストリ <9983>で、日経平均を47.64円押し下げ。以下、SBG <9984>が28.37円、リクルート <6098>が14.95円、東エレク <8035>が12円、ファナック <6954>が11.82円の押し下げと続く。

 プラス寄与トップは第一三共 <4568>で、日経平均を0.58円押し上げ。トレンド <4704>が0.36円、富士通 <6702>が0.11円、京成 <9009>が0.09円、ディーエヌエ <2432>が0.09円で続いている。

 業種別では33業種すべてが値下がり。下落率1位は石油・石炭で、以下、鉱業、精密機器、繊維、鉄鋼、ガラス・土石と並ぶ。

 ※10時0分9秒時点

株探ニュース

日経平均