市場ニュース

戻る

【市況】14日のNY市場は大幅に下落

NASDAQ <日足> 「株探」多機能チャートより

NYDOW  : 25479.42 (-800.49)
NASDAQ  : 7773.94 (-242.42)
CME225  : 20120 (-460(大証比))

[NY市場データ]

14日のNY市場は大幅に下落。ダウ平均は800.49ドル安の25479.42、ナスダックは242.42ポイント安の7773.94で取引を終了した。中国の7月鉱工業生産が10年ぶりの低水準となったほか、ドイツの4-6月期GDP速報値がマイナス成長となり、売りが先行。長期金利が低下し、米国債イールドカーブ(長短金利差)が逆転したことで世界経済減速への警戒感が高まり、大幅下落となった。セクター別では全面安となり、特に銀行や自動車・自動車部品の下落が目立った。シカゴ日経225先物清算値は大阪比460円安の20120円。ADRの日本株はトヨタ<7203>、ソフトバンクG<9984>、ファナック<6954>、ソニー<6758>、ファーストリテ<9983>、任天堂<7974>、ホンダ<7267>、キヤノン<7751>、HOYA<7741>、資生堂<4911>、ブリヂストン<5108>、コマツ<6301>、富士通<6702>、エーザイ<4523>、TDK<6762>、オムロン<6645>など、対東証比較(1ドル105.87円換)で全般軟調。
《FA》

 提供:フィスコ

日経平均