市場ニュース

戻る

【材料】◎8日前場の主要ヘッドライン

JPX日経400 <日足> 「株探」多機能チャートより
・シャープが一時7%超の急落、JPX日経400に落選で失望売りも
・ジャストがS高、法人向け好調で第1四半期94%営業増益
・TOKAIが高く九州FGが売られる、JPX日経400入れ替えで明暗
・T&GニーズがS高、モルディブの5つ星ホテルとウェディング事業で提携
・国際石開帝石など石油関連株が安い、WTI価格の大幅安で嫌気売り膨らむ
・日本サード急騰、IT機器保守など好調で4~6月期営業利益2.6倍で上期計画超過
・東エレク、アドバンテなど反発、SOX指数目先底入れの動きを横目に買い戻し
・東洋炭素は3連騰、19年12月期営業利益予想を上方修正
・EMネットJが急反発、新規案件の獲得など寄与し上期営業利益は37%増
・三菱UFJ、第一生命HDなど軟調、米長期金利の急低下を嫌気
・Amaziaカイ気配スタート、「マンガBANG!」好調で10~6月期営業利益が通期計画超過
・レーザーテックはカイ気配のまま水準切り上げ、業績絶好調続き大幅増配も評価
・朝日ネットが急速切り返し、4~6月期営業6割増で一気に700円台も視野

※ヘッドラインは記事配信時点のものです

出所:みんなの株式(minkabu PRESS)

日経平均