市場ニュース

戻る

【市況】個別銘柄戦略:野村不HDやOLCに注目


7日の米国市場は、NYダウが22.45ドル安の26007.07と緩んだが、ナスダック総合指数は29.56pt高の7862.83、シカゴ日経225先物は大阪日中比130円高の20600円としっかり。8日早朝の為替は1ドル=106円20銭付近と、昨日大引け時点とほぼ同水準。本日の東京市場では、決算の注目されていたところとして、コンセンサスを上回る第1四半期業績を発表したソフトバンクG<9984>が日経平均をけん引することになりそうだ。また、ナスダック総合指数やSOX指数の上昇を強材料に、昨日売られた東エレク<8035>やSUMCO<3436>、信越化<4063>などの反発が予想される。ただ、為替については変わらず円安方向に進んでいないことや、米中貿易摩擦の問題などはなお残っているため、引き続きリスクオフのムードは窺われ、相場全体の戻りは鈍いとみられる。そのため、朝方の買い戻し消化後はもみ合いが予想される。その他では、昨日業績予想を上方修正したスシローGHD<3563>、星光PMC<4963>や、順調な第1四半期のスタートを切った京急<9006>など決算を受けた個別物色の動きについては強まろう。なお、強気の投資判断や目標株価の引き上げが観測された野村不HD<3231>、OLC<4661>、フジHD<4676>、ルネサス<6723>、エレコム<6750>、アオイ電子<6832>、テーオーシー<8841>、NTT<9432>などにも注目。
《US》

 提供:フィスコ

日経平均