市場ニュース

戻る

【市況】NY株式:NYダウ177ドル高、好調な企業決算を好感

NASDAQ <日足> 「株探」多機能チャートより

米国株式相場は上昇。ダウ平均は177.29ドル高の27349.19、ナスダックは47.27ポイント高の8251.40で取引を終了した。複数の主要企業決算が好感され、買いが先行。トランプ大統領が2年間の債務上限の適用停止と歳出増加で超党派間の合意が成立したと発表したことも好感され、堅調推移となった。一方で、今週及び来週に行われる欧州中央銀行(ECB)理事会や米中貿易協議の行方を見極めたいとの思惑から上値は限られた。セクター別では、自動車・自動車部品や素材が上昇する一方で家庭用品・パーソナル用品や公益事業が下落した。

清涼飲料のコカ・コーラ(KO)は、通期見通しを引き上げ、株価は最高値を更新した。医薬品のバイオジェン(BIIB)や複合企業のユナイテッド・テクノロジーズ(UTX)は、決算内容が好感され堅調推移。携帯端末のアップル(AAPL)は、インテル(INTC)のスマートフォン向け半導体事業の買収で協議中であることが報じられ買われた。一方で、損害保険のトラベラーズ(TRV)は決算が予想を下回り下落した。

ファストフードのチポトレ・メキシカン・グリル(CMG)は、マーケット終了後に4-6月期決算を発表し、一株利益、売上高ともに予想を上振れた。時間外取引で上昇して推移している。





Horiko Capital Management LLC

《FA》

 提供:フィスコ

日経平均