市場ニュース

戻る

【材料】<動意株・16日>(前引け)=そーせいグループ、レナウン、レイ

そーせい <日足> 「株探」多機能チャートより
 そーせいグループ<4565>=一時ストップ高。午前10時ごろ、ロシュ・グループの米ジェネンテック社(カリフォルニア州)と、複数ターゲットを対象にした共同研究及びライセンスに関する提携契約を締結したと発表しており、これを好感した買いが入っている。今回の提携は、ジェネンテック社が選定したGタンパク質共役受容体(GPCR)ターゲットに作用する新規医薬品の開発を目指すというもの。提携により、そーせいは契約一時金と初期マイルストン合計で2600万ドル(約28億2200万円)を受け取るほか、あらかじめ定められた開発および販売の目標の達成に応じて、総額10億ドル(約1085億円)を超えるマイルストンや、本提携から生み出された製品が上市されれば販売高に応じたロイヤルティーを受け取る権利を有することになるとしている。

 レナウン<3606>=急伸。アパレルの名門企業だが業績は低迷、中国企業傘下で経営の立て直しを進めている。ただ、足もとは返品率の低下で収益が急改善傾向にある。同社が12日取引終了後に発表した19年3~5月期決算は営業損益が8億2700万円の黒字と前年同期の3400万円の赤字から脱却した。通期計画は1億円の黒字でこれを大幅に超過した。株価は100円近辺と低位に位置していたこともあり、これを材料視する短期資金を呼び込んでいる。

 レイ<4317>=ストップ高カイ気配。同社はCMやイベント用を主力にデジタル映像制作を手掛けるが、足もとの業績は会社側の想定を上回って好調に推移している。12日取引終了後に発表した19年3~5月期決算は、広告ソリューション事業において営業力強化が功を奏し全体収益を押し上げており、営業利益は前年同期比4.6倍の2億6200万円と、今上期計画の1億6000万円を大きく超過した。これを材料視した買いが集中する格好となった。

 ※未確認情報が含まれる場合があります。株式の売買は自己責任に基づいて、ご自身でご判断ください。

出所:みんなの株式(minkabu PRESS)

日経平均