市場ニュース

戻る

【市況】NY原油:小幅反発、熱帯暴風雨「バリー」が影響


NYMEX原油8月限終値:60.21 ↑0.01

12日のNY原油先物は小幅反発。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物8月限は前日比+0.01ドルの60.21ドルで通常取引を終えた。熱帯暴風雨「バリー」の影響で製油所が閉鎖され、供給に影響が出るとの見方が引き続き下支えとなった。

《TN》

 提供:フィスコ

日経平均