市場ニュース

戻る

【材料】トヨタ、ホンダなど安い、米利下げ思惑を背景としたドル安・円高を嫌気

トヨタ 【日足】
多機能チャートへ
トヨタ 【日中足】
 トヨタ自動車<7203>、ホンダ<7267>など軟調。前日のFOMCではFRBの政策がハト派寄りに傾いたことが改めて確認され、年内利下げ思惑が強まった。これを受け米国株市場では株高期待を後押ししたが、一方で為替はドル売りの動きを誘発し、ドル・円相場は1ドル=107円台に入る円高方向に振れている。自動車各社の今期想定為替レートは総じて1ドル=110円で設定されており、輸出採算悪化による収益デメリットを警戒する売りが優勢となっている。

出所:みんなの株式(minkabu PRESS)

日経平均