市場ニュース

戻る

【市況】日経平均は83円高でスタート、ファーストリテや任天堂が堅調/寄り付き概況

日経平均 <5分足> 「株探」多機能チャートより

日経平均 : 21417.74 (+83.87)
TOPIX  : 1559.19 (+3.92)

[寄り付き概況]

 20日の日経平均は前日比83.87円高の21417.74円と続伸で取引を開始した。米国株式相場は上昇。利下げ期待からFOMC発表後に主要3指数は上昇した。シカゴ日経225先物清算値は大阪比15円高の21285円。この流れから、日経平均は続伸で寄り付き、一時上げ幅は100円を超えたものの、その後上値を追う動きは限定的となっている。

 業種別では、海運業、水産・農林業、その他金融業、鉱業、その他製品、証券・商品先物取引業、不動産業、ガラス・土石製品などがプラスで推移している一方で非鉄金属や鉄鋼、輸送用機器、繊維製品などはマイナスで推移している。売買代金上位では、オリックス<8591>、ファーストリテ<9983>、任天堂<7974>、ソニー<6758>、ダイキン工業<6367>などがプラスで推移。一方、住友商事<8053>、キーエンス<6861>、東京エレクトロン<8035>、三菱商事<8058>、村田製<6981>などがさえない動きとなっている。
《US》

 提供:フィスコ

日経平均