市場ニュース

戻る

【注目】本日注目すべき【好決算】銘柄 ラクーンHD、稲葉製作、鎌倉新書 (13日大引け後 発表分)

ラクーンHD <日足> 「株探」多機能チャートより

 13日大引け後に決算を発表した銘柄のなかから、業績好調や配当増額など市場で評価される可能性の高い銘柄を取り上げた。

 ラクーンHD <3031>   ★今期経常は23%増で11期連続最高益更新へ
 ◆19年4月期の連結経常利益は前の期比26.5%増の5.4億円で着地。続く20年4月期も前期比22.9%増の6.7億円に伸び、11期連続で過去最高益を更新する見通しとなった。今期は卸・仕入れサイト「スーパーデリバリー」で掲載商品数の増加と客単価の向上に注力するほか、アドウェイズ <2489> [東証M]との提携を通じて中国向け越境ECを強化し、流通額の増加を図る。前期に買収したALEMOの通期寄与や掛売決済代行Paidの拡大で、フィナンシャル事業も伸びる。

 ミサワ <3169>   ★2-4月期(1Q)経常は3.5倍増益で着地
 ◆20年1月期第1四半期(2-4月)の連結経常利益は前年同期比3.5倍の1.4億円に急拡大して着地。家具・インテリアの販売が堅調に推移する中、原価率や販管費率の低下で採算が改善したことが寄与。為替差損の減少も大幅増益に貢献した。
  上期計画の2.3億円に対する進捗率は61.4%に達しており、業績上振れが期待される。

 稲葉製作 <3421>   ★8-4月期(3Q累計)経常が5.2倍増益で着地
 ◆19年7月期第3四半期累計(18年8月-19年4月)の連結経常利益は前年同期比5.2倍の17億円に急拡大して着地。タイヤ収納庫などの新製品投入効果に加え、台風などの影響で物置の買い替え需要が増加したことが寄与。価格改定による単価上昇も大幅増益に貢献した。
  通期計画の19.9億円に対する進捗率は85.6%に達しており、業績上振れが期待される。

 鎌倉新書 <6184>   ★2-4月期(1Q)経常は60%増益で着地
 ◆20年1月期第1四半期(2-4月)の連結経常利益は前年同期比60.0%増の1.2億円に拡大して着地。主力のお墓選びポータルサイト「いいお墓」、葬儀総合サイト「いい葬儀」、仏壇探しサイト「いい仏壇」でいずれも取引事業者から受け取る手数料収入が伸びたことが寄与。顧客開拓やサイトの利便性改善、SEO(検索エンジン最適化)の強化などの施策を行った。

株探ニュース

日経平均