市場ニュース

戻る

【材料】三井不が3日続伸、長期金利や空室率低下の追い風評価

三井不 <日足> 「株探」多機能チャートより
 三井不動産<8801>が3日続伸。足もとの長期金利低下基調は金利負担の大きい大手不動産株にはプラス要因に働くほか、都心の空室率は低下基調を続けており収益環境は良好なことから、再評価機運が高まっている。三鬼商事が6日に公表した5月の都心5区のオフィス空室率は前月比0.06ポイント低下し1.64%となった一方、平均賃料は上昇している。株価も5月28日につけた戻り高値2749円に接近しており、堅調な値動きとなっている。

出所:みんなの株式(minkabu PRESS)

日経平均