市場ニュース

戻る

【通貨】東京為替:ドル・円は戻りが鈍い、ユーロとポンドが上昇

米ドル/円 <5分足> 「株探」多機能チャートより

 5日午後の東京市場でドル・円は108円10銭付近と、戻りが鈍い。足元ではユーロとポンドがドルに対して上昇基調を強めており、ドル・円をある程度下押ししているもよう。ただ、日経平均株価と上海総合指数の強含みや欧米株高観測を手がかりとする円売りで、ドルの下値は堅そうだ。


 ここまでの取引レンジは、ドル・円は108円03銭から108円27銭、ユーロ・円は121円60銭から121円84銭、ユーロ・ドルは1.1251ドルから1.1266ドルで推移した。

《FA》

 提供:フィスコ

日経平均