市場ニュース

戻る

【材料】Uアローズは反落、5月既存店売上高は2カ月ぶりに前年上回るも物足りないとの見方

Uアローズ <日足> 「株探」多機能チャートより
 ユナイテッドアローズ<7606>は反落している。4日の取引終了後に発表した5月度の売上概況(速報)で、小売りとネット通販を合わせた既存店売上高は前年同月比4.2%増と2カ月ぶりに前年実績を上回ったが、GW長期化による押し上げ期待が高かっただけに、物足りないとの見方が強まっているようだ。

 5月は寒暖差が激しかったものの、月後半の気温上昇とともに夏物衣料の動きが活発化したことが奏功した。メンズでは半袖シャツ、半袖カット、パンツ、サンダルなどの動きが目立った一方、ウィメンズではスカート、パンツ、ワンピース、サンダルなどの動きが目立った。なお、全社売上高は同4.2%増だった。

出所:みんなの株式(minkabu PRESS)

日経平均