市場ニュース

戻る

【市況】ジャスダック市場(大引け)=日経ジャスダック平均は3日続落、環境管理、No.1が売られる

日経JASDAQ <日足> 「株探」多機能チャートより
 31日大引けの日経ジャスダック平均は前日比17.90円安の3339.45円と3日続落。値上がり銘柄数は170、値下がり銘柄数は426となった。

 個別では常磐開発<1782>、テラ<2191>、ブロッコリー<2706>、エスエルディー<3223>、アイフリークモバイル<3845>など30銘柄が年初来安値を更新。環境管理センター<4657>、No.1<3562>、イメージ情報開発<3803>、サン電子<6736>、ビーマップ<4316>は値下がり率上位に売られた。

 一方、エヌ・シー・エヌ<7057>がストップ高。フューチャーベンチャーキャピタル<8462>、理研グリーン<9992>は一時ストップ高と値を飛ばした。マリオン<3494>、日本ラッド<4736>、アサカ理研<5724>、ユニバーサル園芸社<6061>、エーワン精密<6156>など12銘柄は年初来高値を更新。ヒビノ<2469>、極東産機<6233>、新日本建物<8893>、中央化学<7895>、伊豆シャボテンリゾート<6819>は値上がり率上位に買われた。

株探ニュース

日経平均