市場ニュース

戻る

【通貨】東京為替:ドル・円は109円割れ、米長期金利が低下

米ドル/円 <5分足> 「株探」多機能チャートより

 31日午後の東京市場でドル・円は109円を割り込み、108円90銭台に軟化している。米トランプ政権のメキシコや中国に対する強硬姿勢が嫌気され、リスク回避的な円買いが優勢に。米株先物が下げ、米10年債利回りが2.18%を割り込み、ドル売りが強まった。ただ、上海総合指数はプラス圏を維持し、円買いを抑制している。


 ここまでの取引レンジは、ドル・円は108円93銭から109円62銭、ユーロ・円は121円25銭から122円02銭、ユーロ・ドルは1.1125ドルから1.1140ドルした。

《FA》

 提供:フィスコ

日経平均