市場ニュース

戻る

【材料】第一精工が3日続伸、国内有力証券が投資判断「バイ」継続

第一精工 <日足> 「株探」多機能チャートより
 第一精工<6640>が3日続伸している。三菱UFJモルガン・スタンレー証券が30日付で、投資判断「バイ」、目標株価2400円を継続しており、時価との乖離が大きいことから、これを好材料視した買いが入っているようだ。

 同証券では、米中貿易摩擦深刻化などの影響が予想以上に厳しいうえ、スマートフォン市場の回復ペースが緩慢と想定し、19年12月期営業利益予想を10億円から5億円へ大幅に下方修正した。しかし、20年12月期以降は5G向けコネクタビジネスの本格化及び製品構成改善、生産効率化などが見込まれるとして、同18億円から20億円へ上方修正している。

出所:みんなの株式(minkabu PRESS)

日経平均