市場ニュース

戻る

【材料】森永乳、明治HDなど食品株が強い動き、ディフェンシブへの資金シフト観測

森永乳 <日足> 「株探」多機能チャートより
 森永乳業<2264>が一時4.6%高の3990円に買われたのをはじめ、明治ホールディングス<2269>、日本ハム<2282>、カルビー<2229>、江崎グリコ<2206>など食品株が総じて高く、業種別値上がり率上位に食い込んでいる。全体相場は、米国の中国企業に対する輸出規制の動きなどが重荷となって、電機や機械など主力輸出セクターから内需系の銘柄に資金シフトの動きが観測される。景気先行きに不透明感があるなか、食品セクターは製品値上げが比較的しやすく収益に反映されやすい業態でもあり、内需のディフェンシブストックの位置づけで買いを集めている。

出所:みんなの株式(minkabu PRESS)

日経平均