市場ニュース

戻る

【市況】個別銘柄戦略:カカクコムやワールドに注目

NYダウ <日足> 「株探」多機能チャートより

21日の米国市場では、NYダウが197.43ドル高の25877.33、ナスダック総合指数が83.35pt高の7785.72と上昇し、連れてシカゴ日経225先物も大阪日中比120円高の21370と買われた。22日早朝の為替は1ドル=110円50-60銭と、21日大引け時点より円安。本日の東京市場は米国株高と円安で先安懸念が後退し、昨日に買われたリクルートHD<6098>やJR東日本<9020>、NTTドコモ<9437>など大型内需株を中心にしっかりとした値動きが予想される。また、東エレク<8035>、太陽誘電<6976>をはじめとする半導体など電子部品株も買い戻しが期待できよう。なお、強気の投資判断や目標株価の引き上げが観測されたパーソルHD<2181>、綜合警備保障<2331>、カカクコム<2371>、サントリーBF<2587>、ワールド<3612>、ラクス<3923>、ファンケル<4921>、共英製鋼<5440>、ABホテル<6565>、トヨタ<7203>、バンナムHD<7832>、カチタス<8919>、日通<9062>などに注目。
《US》

 提供:フィスコ

日経平均