市場ニュース

戻る

【注目】本日注目すべき【好決算】銘柄 シノケンG、オークファン、Ubicom (15日大引け後 発表分)

シノケンG <日足> 「株探」多機能チャートより

 15日大引け後に決算を発表した銘柄のなかから、業績好調や配当増額など市場で評価される可能性の高い銘柄を取り上げた。

 シノケンG <8909> [JQ]  ★上期経常を56%上方修正
 ◆19年12月期上期(1-6月)の連結経常利益を従来予想の32億円→50億円に56.3%上方修正。減益率が48.5%減→19.5%減に縮小する見通しとなった。主力のアパート販売で引き渡し戸数が計画を上回ることが寄与。マンション建設を中心に受注が好調なゼネコン事業も収益を押し上げる。

 アンビション <3300> [東証M]  ★7-3月期(3Q累計)経常は3.6倍増益・通期計画を超過
 ◆19年6月期第3四半期累計(18年7月-19年3月)の連結経常利益は前年同期比3.6倍の16.8億円に急拡大して着地。新築投資用デザイナーズマンションの販売が大幅に増加したインベスト事業が収益を牽引した。
  通期計画の13.4億円をすでに25.0%も上回っており、業績上振れが期待される。

 マーケットE <3135> [東証M]  ★今期経常最高益予想を57%上乗せ
 ◆19年6月期の連結経常利益を従来予想の2億4700万円→3億8700万円に56.7%上方修正。増益率が2.6倍→4.1倍に拡大し、従来の4期ぶりの過去最高益予想をさらに上乗せした。今期業績の上方修正は2月に続き、2回目。オウンドメディア運営、中古スマホ・格安SIM販売、農機具の買取販売といった好採算事業の収益が伸びることが寄与。主力のネット特化型の中古品買取販売で販管費が想定を下回ることも上振れに貢献する。

 オークファン <3674> [東証M]  ★今期経常最高益予想を30%上乗せ
 ◆19年9月期の連結経常利益を従来予想の6億円→7.8億円に30.0%上方修正。増益率が41.8%増→84.4%増に拡大し、従来の2期連続での過去最高益予想をさらに上乗せした。マーケットプレイス事業とメディア事業を中心に業績が堅調に推移するなか、投資事業における株式売却益が想定以上に膨らむことが利益を押し上げる。

 Ubicom <3937>   ★今期経常は20%増で6期連続最高益更新へ
 ◆19年3月期の連結経常利益は前の期比66.5%増の5.9億円に拡大して着地。続く20年3月期も前期比20.1%増の7.1億円に伸びを見込み、6期連続で過去最高益を更新する見通しとなった。前期はグローバル事業で自動化やモバイル&クラウドなどのコア技術を活用した高収益案件が拡大した。今期もIT技術者の不足が続くなか、フィリピンを拠点とするソリューション開発の受注が伸びる。

 チタン <4098>   ★今期経常は44%増益、前期配当を10円増額・今期も30円継続へ
 ◆19年3月期の経常利益(非連結)は前の期比8.2倍の5.4億円に伸びて着地。続く20年3月期も前期比44.2%増の7.8億円に拡大する見通しとなった。前期は紫外線カット化粧品向けや車載用電池向け酸化チタンの出荷が大幅に増加し、収益が急拡大した。今期は昨年10月に完了した超微粒子酸化チタン製造設備の増設などを背景に、2ケタ増収増益を見込む。
  併せて、前期の年間配当を20円→30円(前の期は20円)に増額し、今期も30円を継続する方針とした。

 レアジョブ <6096> [東証M]  ★今期経常は48%増で2期連続最高益更新へ
 ◆19年3月期の連結経常利益は前の期比87.8%増の1億6900万円で着地。続く20年3月期も前期比47.9%増の2億5000万円に拡大し、2期連続で過去最高益を更新する見通しとなった。今期も英会話学習ニーズが高まるなか、法人向け成果保証型サービスなどが拡大し、20.9%の大幅増収を見込む。

 リーダー電子 <6867> [JQ]  ★前期経常が上振れ着地・今期は52%増益へ
 ◆19年3月期の連結経常利益は前の期比4.0倍の3.3億円に伸び、従来予想の2.7億円を上回って着地。続く20年3月期も前期比51.8%増の5.1億円に拡大する見通しとなった。今期は来年開催の東京五輪を控え、国内で4K映像対応関連機器の販売拡大が継続するほか、アジアではフルハイビジョン放送への移行の本格化に伴う需要増加を見込む。

株探ニュース

日経平均